2007年04月13日

FAよりU-18日本代表候補の発表がありました

だいぶ更新が滞ってましたが、久しぶりに更新です。

JFAよりU-18日本代表候補の発表がありました。
なんと、桐光から瀬沼が選出。
まだ二度ほどしか見たことないのですが、でかいです。
もうちょっと筋肉が付けば面白いことになりそうです。

***************************
U-18日本代表候補トレーニングキャンプ(4/16〜20)メンバー

 4月16日から静岡・清水ナショナルトレーニングセンター(J-Step)で行われる、U-18日本代表候補トレーニングキャンプメンバーが決定しましたので、お知らせします。

【スタッフ】
■監督:
牧内 辰也
MAKIUCHI Tatsuya 【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

■コーチ:
大熊 裕司
OKUMA Yuji 【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/セレッソ大阪】

■GKコーチ:
慶越 雄二
KEIGOSHI Yuji 【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

【選手】
氏 名
NAME 生年月日 身長/体重 所属

■GK:
権田 修一
GONDA Shuichi 1989.03.03 187p/80s FC東京

石田 良輔
ISHIDA Ryosuke 1989.07.04 183p/77s 大分トリニータU-18

赤堀 勇太
AKAHORI Yuta 1989.11.18 190p/78s ジュビロ磐田ユース

■DF:
橋本 真人
HASHIMOTO Masato 1989.10.12 190p/74s 船橋市立船橋高校

坂田 淳
SAKATA Jun 1989.11.16 182p/60s 熊本県立大津高校

山田 拓巳
YAMADA Takumi 1989.11.25 170p/65s 船橋市立船橋高校

川端 良介
KAWABATA Ryosuke 1989.11.30 184p/67s 静岡学園高校

渡部 雄史
WATANABE Yuji 1989.12.25 170p/62s 船橋市立船橋高校

佐々木 拓也
SASAKI Takuya 1990.01.04 172p/60s 千葉県立八千代高校

林 敬洋
HAYASHI Takahiro 1990.03.17 172p/65s 大分トリニータU-18

■MF:
永畑 祐樹
NAGAHATA Yuki 1989.05.02 165p/55s 神村学園高等部

井上 裕大
INOUE Yudai 1989.05.30 171p/64s 大分トリニータU-18

假屋 健太
KARIYA Kenta 1989.07.01 175p/65s 神村学園高等部

河井 陽介
KAWAI Yosuke 1989.08.04 161p/50s 静岡県立藤枝東高校

安田 晃大
YASUDA Kodai 1989.08.08 164p/55s ガンバ大阪ユース

廣瀬 智靖
HIROSE Tomoyasu 1989.09.11 174p/63s 前橋育英高校

小手川 広基
KOTEGAWA Koki 1989.09.12 173p/63s 大分トリニータU-18

青木 拓矢
AOKI Takuya 1989.09.16 178p/68s 前橋育英高校

■FW:
永井 謙佑
NAGAI Kensuke 1989.03.05 172p/58s 福岡大学

宮澤 裕樹
MIYAZAWA Hiroki 1989.06.28 182p/68s 室蘭大谷高校

畠山 祐輔
HATAKEYAMA Yusuke 1989.09.01 184p/67s 三重県立四日市中央工業高校

川又 堅碁
KAWAMATA Kengo 1989.10.14 182p/65s 愛媛県立小松高校

小島 弘己
KOJIMA Hiromi 1989.10.27 177p/58s 三重県立四日市中央工業高校

瀬沼 優司
SENUMA Yuji 1990.09.01 183p/74s 桐光学園高校

※U-18日本代表チーム:FIFA U-20ワールドカップ2009を目指すチーム。


【スケジュール】
4月16日(月)16:00 トレーニング (J-Step)
4月17日(火) 9:30 トレーニング (J-Step)
16:00 トレーニング (J-Step)
4月18日(水) 9:00 トレーニング (J-Step)
午後 トレーニングマッチ 対 静岡産業大学 (J-Step)
4月19日(木)14:30 トレーニングマッチ 対 HONDA FC(都田サッカー場)
4月20日(金) 9:30 トレーニング (J-Step)

posted by 2take at 01:16| Comment(47) | TrackBack(0) | 高校&ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

U-16日本代表が発表されました

凄い久しぶりに更新してます。
いやすんません。

さて、本日JFAからU-16日本代表のフランス遠征メンバーが発表されました。
湘南ベルマーレ絡みで日の丸背負うのは昨年ビーチサッカー日本代表監督になられた鳥飼さん以来かな?
選手では・・・記憶にないよ。
U-19代表候補になった中町も随分前だし、U-17代表でも猪狩が選ばれて以来かな?
それくらい記憶が曖昧な訳だ。

でもまあ斉藤君には頑張って貰いましょう。
でも、怪我で辞退とかあると嫌だね。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
U-16日本代表 フランス遠征〔モンテギュー国際大会(3/31〜4/11)〕(07.03.20)



 3月31日から4月11日まで行われるU-16日本代表フランス遠征のメンバーが決まりましたので、お知らせします。

【スタッフ】
■監督:
布 啓一郎
NUNO Keiichiro 【(財)日本サッカー協会ユースダイレクター】

■コーチ:
吉井 秀邦
YOSHII Hidekuni 【仙台育英学園高校】

■GKコーチ:
曽我 光利
SOGA Mitsutoshi 【船橋市立船橋高校】


【選手】
氏名
NAME 生年月日 身長/体重 所属

■GK:
川浪 吾郎
KAWANAMI Goro 1991.04.30 190cm/80kg 柏レイソルU-18

奥山 陸
OKUYAMA Riku 1991.12.12 175cm/68kg 川崎フロンターレU-18

■DF:
角田 健敏
SUMIDA Kento 1991.04.06 171cm/62kg FC東京U-18

千葉 暁弘
CHIBA Akihiro 1991.04.20 175cm/63kg ベガルタ仙台ユース

中村 祥太
NAKAMURA Shota 1991.05.04 180cm/67kg ジェフユナイテッド千葉ユース

茨田 陽生
BARATA Akimi 1991.05.30 171cm/58kg 柏レイソルU-18

岩本 智裕
IWAMOTO Tomohiro 1991.06.13 174cm/66kg 大分トリニータU-18

■MF:
酒井 高徳
SAKAI Gotoku 1991.03.14 174cm/68kg アルビレックス新潟ユース

大崎 淳矢
OSAKI Junya 1991.04.02 172cm/62kg サンフレッチェ広島ユース

菊池 大介
KIKUCHI Daisuke 1991.04.12 170cm/60kg 湘南ベルマーレユース


古田 寛幸
FURUTA Hiroyuki 1991.05.23 170cm/59kg コンサドーレ札幌ユースU-18

中西 純樹
NAKANISHI Junki 1991.06.08 170cm/65kg 鵬翔高校

森保 翔平
MORIYASU Shohei 1991.08.17 168cm/55kg サンフレッチェ広島ユース

扇原 貴宏
OHGIHARA Takahiro 1991.10.05 181cm/65kg セレッソ大阪U-18

■FW:
木村 一貴
KIMURA Kazuki 1991.07.08 181cm/70kg ヴィッセル神戸ユース

玉田 道歩
TAMADA Michiho 1991.08.02 186cm/71kg サンフレッチェ広島ユース

牛奥 徹
USHIOKU Toru 1991.06.14 170cm/57kg ヴァンフォーレ甲府ユース

清武 功暉
KIYOTAKE Koki 1991.03.20 168cm/55kg 大分トリニータU-18


【スケジュール】
日時
4月3日(火) 第35回 MONDIAL MINIMES MONTAIGU VENDEE 2007
18:00 vs イタリア代表
4月5日(木)18:00 vs ルーマニア代表
4月7日(土) 順位戦
4月9日(月) 順位決定戦

posted by 2take at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校&ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

神奈川県3種対抗戦@保土ヶ谷

■神奈川県3種対抗戦

DSC_0009.JPG hodogaya01.JPG DSC_0012.JPG
2006年12月3日(日)
県立保土ヶ谷公園サッカー場
10:00キックオフ (40分-10分-40分)

中体連選抜 2−2 クラブ選抜

■得点
43m 7  高橋 航 (中体連選抜)
44m 13 橋村 裕太(クラブ選抜)
49m 20 山田 源 (中体連選抜)
55m 8  佐藤 成悟(クラブ選抜)



■中体連選抜
監督:南雲 務(茅ヶ崎市立第一中学校)

◆前半:
GK 21 加藤 恭平(岡本)

DF 3  渡邉 恭平(金旭)
DF 15 清水 太希(桐蔭学園)
DF 2  高木 翔太(久里浜)
DF 4  二神 郎 (山城)

MF 7  高橋 航 (桐蔭学園)
MF 11 川名 智大(初声)
 →MF 10 上田 輝 (相模)
 →MF 9  佐々木 一誠(宮前平)
MF 6  永井 巧哉(寺尾)
MF 13 小島 直広(金旭)

FW 16 川久保 光(桐蔭学園)
FW 18 前田 智人(森の里)


◆フォーメーション:

     18     16

        13
 6              11
        7

 4    2     15    3

        21


◆後半:
GK 1  鈴木 悠太(富岡)

DF 5  長谷川 直季(岡本)
DF 15 清水 太希(桐蔭学園)
 →DF 3  渡邉 恭平(金旭)
DF 2  高木 翔太(久里浜)
DF 12 鯰江 勇介 (江陽)

MF 7  高橋 航 (桐蔭学園)
 →MF 13 小島 直広(金旭)
MF 8  鳥山 翔平(桐蔭学園)
MF 9  佐々木 一誠(宮前平)
MF 6  永井 巧哉(寺尾)
 →MF 17 小林 剛(本郷)

FW 14 瓜谷 翔太(いずみ野)
 →FW 19 藤松 聖弥(秦野西)
FW 18 前田 智人(森の里)
 →FW 20 山田 源 (相模)

◆フォーメーション:

     18     14

 6              9
      8    7

12    2     15    5

        1


■クラブ選抜

監督:井原 康秀(湘南ベルマーレJY)

◆前半:
GK 1  白山 直樹(ジュニオールJY)

DF 4  武乗 裕磨(FC湘南JY)
DF 14 加藤 佑樹(横浜FMJY追浜)
DF 7  砂川 翔 (FC厚木DREAMS)
DF 17 斉藤 瑞希(湘南ベルマーレJY)

MF 11 岩渕 貴哉(川崎フロンターレU-15)
MF 9  並木 克哲(FCインフィニット相模原)
MF 5  武乗 裕樹(FC湘南JY)
MF 12 野辺 翔太(横浜栄FC)

FW 6  山口 隼樹(ヴェルディ相模原)
FW 2  三橋 隼人(横浜FMJY)

◆フォーメーション:

     2     6

 12              5
      9    11

17    7    14    4

        1


◆後半:
GK 1  白山 直樹(ジュニオールJY)

DF 4  武乗 裕磨(FC湘南JY)
 →MF 11 岩渕 貴哉(川崎フロンターレU-15)
DF 14 加藤 佑樹(横浜FMJY追浜)
DF 7  砂川 翔 (FC厚木DREAMS)
DF 12 野辺 翔太(横浜栄FC)

MF 3  佐藤 文哉(横浜FMJY)
MF 15 田中 寛己(横浜FMJY追浜)
MF 10 川越 勇治(川崎フロンターレU-15)
MF 13 橋村 裕太(横浜FC鶴見)

FW 8  佐藤 成悟(FC厚木DREAMS)
FW 2  三橋 隼人(横浜FMJY)

◆フォーメーション:

     2     8

 13             10
      15    3

12    7    14    4

        1


■観戦メモ:
クラブ選抜はDF登録の選手が少なく、井原監督がベルマーレJYの斉藤(FW登録)に左SBに回るよう指名。
選抜で試合をする場合によくありがちな事だけど、クラブ選抜は苦しい布陣。
ちなみに、聞いた話しではマリノス勢は高円宮の兼ね合いもあり主力ではないそうだ。
とはいえ技術は格段に高い。特にDF陣は足下の技術に加え対人プレーにも強かった。
それと、右サイドの武宮兄弟(双子?)は良いコンビ。

中体連の方はといえば、前半かガチで勝ちに来ていた。
クラブ選抜の中盤が連携不足でプレスが緩くスペースを空けていたので、そこを13番の小島がドリブルで何度も崩した。

しかし、得点が動いたのは後半になってから。
交代で左サイドに入っていた17番小林の展開からゴールまで18番がシュートを放ち、一度はGK1番白山が弾くが混戦の中で上手く7番高橋がシュートを放ち中体連が先制。
しかし僅か1分もしないうちにクラブも12番右SBの野辺と13番左SHの橋村が同サイドを突端して同点ゴールを突き刺す。
その後、再び中体連選抜が猛攻を仕掛け、またも左サイドを起点にし20番山田が2点目を決めた。
しかし、クラブ選抜も粘り強く攻める。右サイドの10番川越のスルーパスに飛び出た8番佐藤が右45度の位置からGKとの1対1を制して冷静ゴールへ流し込み同点に追いついた。
結局2-2で引き分けとなったが、共に中学、クラブの選抜だけあったレベルの高い試合だったと思う。
特に中体連は組織的な動きに磨きを掛けていたのが印象的。
これは毎年のことだが、クラブ選抜はこのメンバーで練習する機会も少なくぶっつけ本番的な事が多い。
それに比べて中体連選抜はかなりの練習を積んできているのが試合を見ていると判る。
個のクラブ、組織の中体連という図式は致し方ない。

個人的な意見としては、我が母校の金旭から2名も選手が選ばれていたことは嬉しい。
右SBの渡辺くんは魅力的なキック力を武器に何度か鋭いクロスを放った。
できればボールに鋭さがある分、もっと曲げるとか、グラウンダーにするとかクロスの質に少し変化が欲しいかな。
ミドルレンジのシュートも強烈なパンチがあるだけに、クロスとシュート織り交ぜると怖い存在になれそう。
トップ下の小島くんは空いたスペースを重量感のあるドリブルで攻め上がり、ミドルレンジからパワーショットを放つ。夏に見たときはFWだったが、もともと中盤もできる器用な選手のようだ。
もしかすると、もうちょっと守備を憶え稲本のような選手になれるかもしれない。
中盤の底でボールを奪い、カウンター一閃ドリブルでゴール前まで駆け上がり強烈なミドルを放つ。そんなイメージが頭に浮かんだ。


他に目に付いた選手。
中体連では、17番の小林。テクニックある。彼も夏に見た選手の1人だけどプレーに余裕があって良い。
16番川久保と18番前田の2トップ(2人ともそれほど身長は無いんだけど)はトップスピードとドリブルに変化があってなかなか面白い存在だった。
右SBの渡辺と同様にかなり攻撃的だった左SBの4番二神。彼も縦への突破力があって面白い存在。
後は7番の高橋くん。頭の良いプレイヤーだと思う。1ボランチでも2ボランチでも間違いなくチームの中心でタクトを振れるタイプ。ゲームの流れを読む力とタイミングの良い上がりが目立った。
クラブ選抜ではどうしても右サイドの4番、5番武乗兄弟の動きに目がいってしまった。
当たり前だけど、お互いの動きを良く理解していて良いコンビだった。


4fuagami.JPG 7takahasi.JPG 13kojima.JPG
   4番左SB、二神 郎      7番ボランチ、高橋 航    13番攻撃的MF、小島 直広 

18maeda.JPG 17kobayasi.JPG 16kawakubo.JPG
   18番FW、前田 智人    17番攻撃的MF、小林 剛     16番FW、川久保 光
posted by 2take at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 三種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

各賞の発表

リーグ戦終了に伴い、各校の順位と各賞の発表がされていました。
以下、関西大学リーグ公式HPより。


<2006年度関西学生サッカーリーグ が終了しました>

 本日開催の1部リーグ2試合を持ちまして、「2006年度 関西学生サッカーリーグ」の全日程が終了しました。
 最後まで白熱した戦いが繰り広げられました1部リーグの最終結果は下記の通りとなりました。
 
 <1部リーグ> 
   1位 関西大学    (勝点25) ★5年ぶり13回目の優勝
   2位 立命館大学  (勝点19)
   3位 桃山学院大学 (勝点15)
   4位 近畿大学    (勝点15)*得失点差により4位
   5位 大阪体育大学 (勝点13)
   6位 大阪学院大学 (勝点11)
   7位 阪南大学    (勝点 9)
   8位 京都産業大学 (勝点 8)  ※1部-2部入替戦へ(2部3位と対戦)
   9位 関西学院大学 (勝点 5)  ※1部-2部入替戦へ(2部2位と対戦)
   10位 同志社大学  (勝点 3)  ※2部へ自動降格

 ☆上位4チームが「第55回 全日本大学サッカー選手権大会」に、関西代表として出場
   第1代表 関西大学   (4年連続15回目)
   第2代表 立命館大学 (5年連続8回目)
   第3代表 桃山学院大学(2年ぶり3回目)
   第4代表 近畿大学(4年ぶり3回目)
  
 尚、大会優秀選手は下記の通り決定され、本日表彰式が行われました。
 
  【優秀選手賞】   G K 森田 郁 (関西大・4年)
                 修行 智仁(立命大・4年)
             D F 松田 智志(関西大・4年)
                橋本 和 (大体大・2年)
             M F 木本 敬介(関西大・4年)
                安藤 淳 (関西大・4年)
                高橋 健史(立命大・4年)
                馬場 賢治(近畿大・3年)
             F W 阪本 晃司(関西大・2年)
                古部 健太(立命大・3年)
                姜  鉉守(桃山大・4年)
                片山 真人(近畿大・4年)
                笹垣 亮介(大院大・4年)
  
  【得 点 王】      該当選手なし ※該当は7点以上

  【アシスト王】      馬場 賢治(近畿大・3年) 6アシスト ※該当は5アシスト以上
 
  【ベストキャプテン】   松田 智志(関西大・4年)
 
  【ベストマネージャー】 該当チームなし

  【フェアプレー賞】    関西大学

 ≪年 間 表 彰 選 手≫

  【年間最優秀選手賞(会長杯)】  安藤 淳(関西大・4年)
  
  【4年間最多リーグ出場賞】     松岡 亮輔(阪南大・4年)
 
  【新人賞】  木原 正和 (阪南大・1年)
         楠神 順平 (同 大・1年)
         志田野 雄一朗(関学大・1年)
         加藤 健太 (大院大・1年)


後輩はアシスト王と優秀選手賞の2賞を獲得。
まあノルマはクリア。
アシスト王は素晴らしい。
敢えて苦言を課すとしたら1試合1アシスト以上は決めて欲しかったかな。


さて、ここからは独り言。
この現状を見てどう判断しますかね某クラブの強化部さん?
このまま放っておくか、一声掛けるのか。
もうギリギリのラインじゃないの?
もう知らんよ俺は。


さて、もう一人注目の選手。
新人王を加藤健太が獲得。
ご存じマリノスユースっ子。
正確な技術とフリーキックが魅力?だったよね。


さて、あとはインカレだ。


posted by 2take at 03:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 大学&U-23 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西大学リーグ 第9節

いよいよ関西大学リーグも最終節を迎えた。
既に前節でインカレ出場を決めている近畿大だが、今日の試合で最低引き分け以上で3位、負ければ4位となる。
1つの目標であるインカレ出場を決めてしまった後だけに、モチベーションを保つのが難しい試合だが更なる高みを目指して欲しいところだったが・・・

結果は惨敗。

2試合連続での大量失点。
インカレに向け不安を残すこととなる。



■11月26日(日)
鶴見緑地球技場
(第2試合)13:45 kick off

近畿大学 0-4 関西大学

■得点(アシスト)
関西大:
23分 安藤 淳(櫻田 真平)
30分 板倉 史門(宇佐美 宏和)
68分 櫻田 真平
87分 櫻田 真平(北橋 悠佑)


前半のうちに2失点して、最後は87分に4失点目。
最後まで集中力が保てなかったのか?という感じ。
仕方がないのか?
春期リーグの覇者である近畿大。
これからは王者らしい強さも兼ね備えねばならない。
関西大、立命大ら伝統の強さを身につけるまで。
長い道のりだが、それが伝統であり常勝軍団たる所以。

立ち止まるな。
満足するな。
苦しくても、もう一歩を踏み出せ。

posted by 2take at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学&U-23 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。