2006年04月30日

横浜FC2-0湘南のこぼれ話

こんな時間に書いてる場合じゃないんだけど・・・・・


今日の横浜FC戦は1つの山だったと思う。
連勝への挑戦と、新システムの導入という意味でもね。

3ボランチ(と呼んで良いかな?)は是か非か?という問いにはこの1試合では応えられない。
しかし、ちょっと中盤にスペースを与えすぎた感はある。

それは良いとして、俺が逆に気になったのは攻撃面でのぬるま湯感。
なんか自分たちの形にこだわりすぎじゃないか?
「やり切れ」ってのはクロス上げて終わりじゃないって言葉が脳裏に浮かんだ。
これは元ユース代表監督の大熊さんの言葉なんだけど、「日本人は言われたことを着実にこなす力はあるけど、応用やアイデアがない」ということ。
ある選手に「やり切ってこい」と指示を与え交代出場させると、サイドを突破しクロスを上げて終わり。
いやいや、そいつの能力を考えると中に切れ込んでシュートを打っても良いんだぞと。
サッカーの流れというのは常に動いているんだから、その時々を自分で判断してプレーの選択をしないといかん。
技術スキルがアップしても、考える力、アイデアが育たないと使い物にならないわけだよ。
頭でっかちなんだよね。


今日の試合はまさにそれ。
ボールを持てない訳じゃない、でも最後のアイデアがない。
シュートを打つ思い切りもない。
ないない尽くし。


まっ、もう少しこのシステムの熟成は必要かな?
4-3-1-2。
この1がポイントだ。
もうちょいアジエルが引いてニヴァウドとの距離が縮まると中盤はコンパクトで良いと思う。
望さんや、悠介は前にスペースがあってやりやすいと思うから攻撃に関してはこれからアップしてくるでしょう。


今年は守備に期待をしていない。
2点までは範囲内。
2点取られたら3点を取る。
そんな試合を重ねていけば良いと思う。
昨年から失点を減らせないのなら、得点を増やす。
単純明快。
多く点を取って勝つ。それだけ。
勝ち癖が着いてくれば、雰囲気も変わるでしょ。

ポジティブシンキングですよ。みなさん。
posted by 2take at 02:44| Comment(1) | TrackBack(2) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿大、阪南に勝つ!!

■4月29日(祝・土) 
舞洲運動広場球技場(第2試合)
14:20 kick off

阪南大学0-1近畿大学

得点(アシスト)
近畿大
35分 佐藤 亨(江口 正輝)


勝ち点13として、暫定だがこれで再びリーグ1位になった。
賢治からのメールでは、今日は久しぶりにボランチでの出場。
そうとう疲れたとか。
でも、ここでの勝利は大きな意味がある。
片山、小笠原不在時になんとか勝利を掴んだことは大きく評価。
もしかすると、もしかする・・・・・?

posted by 2take at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学&U-23 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。