2006年10月23日

神奈川県 選手権予選3次リーグ 向上-座間

■神奈川県選手権予選-3次予選-

第四試合
◆向上 3-3 座間
(グループB)

得点(アシスト):
座間:1分 田村聡(小田純士)
向上:14分 安藤謙太(端山雅人)
向上:28分 端山雅人
座間:62分 守屋光成(名井健吾)
向上:65分 中村陸真(高森祥太)
座間:79分 小田純士


■向上
GK
1 飯島俊

DF
2 押方ヒカルド
3 安藤謙太
5 中村陸真
7 福山伸也

MF
6 唐津悠
10 祢次金亮
18 端山雅人
19 五十嵐圭祐
→ 62分 13 中西裕太

FW
8 直田京祐
→ 51分 20 泉貴大 
11 高森祥太

■座間
GK
17 田中修平
DF
4 守屋光成
23 岡花修平
10 大槻智寛

MF
8 嶋田丈大
24 水野裕介
21 森谷有希央
18 名井健吾

FW
20 田村聡
13 小田純士
19 坂本真吾


■向上4-4-2

     8   11

15           18
     10    6

2    3    5   7

       1

■座間3-4-3

       20
   13       19

24             8
     21   18   

   10   23   4

       17


■寸評
この日最後の4試合目。正直言えば身体的にも疲れてきていたが、激しい撃ち合いの内容に眠気も覚めた。
試合途中から雨となった影響もあったかもしれないが、とにかく劇的な試合展開だった。
とにかく座間の追い上げと、最後まで諦めない気持ちには脱帽。逆に言えば、座間のそうした心を折りきれなかったことが向上の敗因。
と書いてはみたが、普通なら62分に一度守屋(座間)の得点で追いつき、僅かその3分後の65分に中村(向上)に逆転弾を許した時点で普通の高校生なら気持ちが切れてしまうところ。
それでも諦めない座間イレブン。
そうした強い気持ちを植え付けた、内田監督の秘密が知りたいと思った試合。

yajigane1023.JPG  ucida1023.JPG
  技術光った10番弥次金   後半に向け指示を出す内田監督
posted by 2take at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校&ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神奈川県 選手権予選3次リーグ 茅ヶ崎北陵-慶應

■神奈川県選手権予選-3次予選-

第三試合
◆茅ヶ崎北陵 4-1 慶應
(グループA)

得点(アシスト):
慶應:9分 長谷風吾(藤村龍生)
北陵:41分 船越俊男(塩田純希)
北陵:49分 小倉岳之
北陵:53分 船越俊男(塩田純希)
北陵:56分 石山達也


■茅ヶ崎北陵
GK
1 冨田元紀

DF
3 大上明徳
2 新井勇輝
15 細野竜佑
23 青木優介

MF
6 石渡哲也
8 山下徹也
→ 76分 4 落合周平
7 塩田純希
9 石上達也

FW
10 船越俊男
→ 79分 11 吉原徹朗
14 平綿裕一
→ 40分 16 小倉岳之

■慶應
GK
1 前嶋尭斗志

DF
4 坪井祐太朗
14 緒方大介
→ 26分 3 林浩太郎
→ 57分 13 前囿瞬也
5 久保田将機
6 山口拓哉

MF
8 金房拓海
24 新森収
→ 51分 16 菅原晃介
11 藤村竜生
10 波握辰弥
→ 79分 22 赤松潤

FW
9 山田修之助
17 長谷風吾


■茅ヶ崎北陵5-3-2【登録上は4-4-2】

    10    14

       9
    8     7

6             23
    3     15
       2

       1

■慶應4-4-2

     17    9

11            24
     10    8

4    5    14   6

       1

■寸評
1戦目からシステムを変更してきた北陵が、開始9分にいきなり失点。
登録上は4-4-2だが、6番の石渡、23番の青木が両サイドの深い位置までケアするため5バックのように見える。
システム変更の上始早々の失点で早くも崩れるかと思われたが、何とか耐え凌ぎ後半に繋げた。
縦へ攻め急ぐことを止め、とにかくワイドに開いて攻撃を徹底させた藤塚監督の采配がズバリ当たり後半怒濤の4得点を挙げ逆転勝利を掴んだ。
しかし、惜しむらくはあと1点を加えておけば、次節の桐光戦を引き分けてもベスト4進出となったこと。
しかし、この試合で掴んだ勢いは侮れない。


ogura1023.JPG  arai1023.JPG
  逆転弾を決めた16番小倉    粘り強いDFみせた2番C新井
posted by 2take at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校&ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神奈川県 選手権予選3次リーグ 武相-日大藤沢

■神奈川県選手権予選-3次予選-

第二試合
◆武相 2-0 日大藤沢
(グループB)

得点(アシスト):
武相:11分 河瀬義経(武藤雄樹)
武相:68分 河瀬義経(武藤雄樹)

■武相
GK
1 横手佑亮

DF
3 安東俊哉
4 藤田仁
6 鈴木翔
2 松尾暁志

MF
7 白木義成
17 鈴木雄也
→61分 8 富田雅
9 河瀬義経
14 小林龍馬
→77分 5 牟田亮平

FW
11 藤井翔太
10 武藤雄樹


■日大藤沢
GK
1 高橋拓也

DF
4 神永慎太郎
5 金井隆太
17 今崎裕介
2 杉山修人

MF
6 今泉圭吾
8 工藤隼人
22 内藤佑樹
14 河瀬和真
→ 65分 7 野波祐志

FW
11 福田雅典
15 首藤徹也
→ 69分 19 福島卓弥


■武相4-4-2

    11   10

14           9
    17   7

2    6   4    3

      1

■日大藤沢

     11   15

14           22
     8   6

2    4   5   17
    
      1

■寸評
1戦目で勝利を掴んだ日大藤沢は連勝して他校にプレッシャーをかけたかったが、IH出場校である武相が意地を発揮。
やはり10番の武藤にキレがあると違うと感じた試合であり、相性もかなり影響するもんだと感じた。
縦に速く攻める(カウンター気味)のが得意な武相は、引かれた相手に弱い面があり座間戦ではその悪い側面が出た。が、日大は組織力もあるが前に前にと攻撃に出てくるので奪ってからの縦に速い攻めが生きた。


muto.JPG  tutimoto1023.JPG
  キレを取り戻した武藤     日藤の10番土元も雰囲気ある
posted by 2take at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校&ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神奈川県 選手権予選3次リーグ 桐光-秦野

第一試合
◆桐光 1-2 秦野
(グループA)

得点(アシスト):
秦野:6分 成瀬海斗(渋谷嶽)
秦野:9分 渋谷嶽(佐藤玄)
桐光:67分 尾泉大樹(阿部幾美)

■桐光
GK
1 大塚航二郎

DF
2 阿部幾美
3 遠藤司
4 鈴木翔太
5 高橋勝

MF
7 北井佑季
10 内藤洋平
14 長谷川彩人
→40分 16 尾泉大樹
→73分 13 丸山洋平
18 鈴木孝司
→60分 8 石川貴大

FW
9 永村知哉
20 大矢雄太
→27分 19 大石直人


■秦野
GK
1 末永皓大

DF
20 越地啓太
→79分 3 石井亮
19 松並大樹
8 井上卓哉
2 青木和也
→60分 17 石井樹海

MF
4 坂間一喜
7 渋谷嶽
6 西村直樹
10 成瀬海斗

FW
9 西村成暁
→67分 18 山口由真
11 佐藤玄


■桐光4-4-2

    9   20

7          14
    18  10

3    5   4   2

     1

■秦野4-4-2

    11   9

6           7
    10   4

7    8   19   20

      1

■寸評
秦野が開始10分以内に電光石火の2得点を奪い先行。
桐光の守備ラインを完全に崩しての得点は技術の高さもさることながら、組織力の高さを感じた。
一方、追いかける桐光も慌てて攻撃的になるが、途中DFの高橋が肩を(脱臼かとも思われる)怪我を負う。気合いの復帰後に1点は返したがそこまで。
この日の3試合目の結果により、一足先に秦野はベスト4に進出。


sibuya1023.JPG   matsunami1023.JPG
鋭い突破から2アシストの渋谷   U-17日本代表の松並
posted by 2take at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校&ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。