2006年03月06日

2006シーズン開幕

DSC_0142.JPG


いよいよ開幕です。
我がベルマーレは、アウェイの柏戦で2006シーズンの開始となりました。

試合は、後半ロスタイムでファビオが値千金の同点弾を決め1-1でのドロー発進となった。
監督会見でも上田監督が語ったことだが、こういった内容のゲームを引き分けに持ち込んだところは評価できるだろう。
その意味からすれば、昨年から成長したのではないだろうか。
そして、得点を決めたファビオをはじめ期待の新戦力の選手たちも、劣勢の中でそれぞれの持ち味を発揮してくれた。

個人的に特に推したいのが、FWの横山。
やや後方からのクロスに合わせて、あわやの場面を作り出すなどこれまでの湘南には無い危険な香りを匂わせてくれた。
例えるならば、ワンタッチゴーラーの野口を思わせるピンポイントで勝負できるタイプか。
対面するDFからすれば90分間気の抜けない厄介な存在だろう。

また、外国人トリオの出来も練習試合の頃に比べればチームにフィットしてきた。
ファビオは得点という結果を出した。
アジエルのドリブルは十分に通用するレベル。
ニヴァウドも、第二ボランチの役割を理解して黒子をこなしていた。

守備面でも、GKの伊藤は神懸かり的なビックセーブの連発でチームを鼓舞。
松本、須田、尾亦もよくまあ1失点で抑えたなと・・・・
まあ、連携面も含めこれからだろうけど、できればチャレンジ&カバーの徹底をして欲しいかな?
ロングボールへ誰も競らない場面が多いのと、ドリブルで突っかける相手に対してただラインを下げることに関してはこれからの修正点としたい。

須田のシュートや、尾亦のクロスというのはこれからの武器。
松本のロングフィードもね。
その意味では、今年の湘南は攻撃的なチームへ変化する可能性を持つ。

アジエルの右サイド起用も、内へ切れ込んでシュートの打てる左利きのアジエルを配置し、その空いた右前方のスペースを須田が上手く使うことを期待しているのではないかと思われる。
逆に左サイドは尾亦の守備を考慮すれば加藤、坂本らが中盤から豊富な運動量で後方までのスペースを埋める。

試合の前半、ロングボールを蹴っているように見えたのも柏の攻撃力を考えれば当然の選択。
開幕戦で緊張していることや、技術に勝るホーム柏の構成力を考えれば立ち上がりから押し込まれるのは至極当然。
ならば、蹴って相手のラインを下げセカンドボールを狙う。
アウェイ湘南のゲームプランとしては良いと思う。
前記した横山の存在もあるし、「隙あらば一発」との思惑も感じた。

スタメン11人の内、城定、佐藤、加藤以外は全て新加入。
そのことを加味しても良い滑り出しではないかと思った開幕戦だった。


最後にこぼれ話をひとつ。
あれだけ取材嫌いだった悠介が、各メディアに対し2度3度と足を止め取材を受けていた姿を見た。
今季キャプテンとしての役割をこうしたところでもこなしているんだなぁと感心。
しかし、その立ち振る舞いを見るにつれ、昨年は取材し難い存在だった悠介を嫌われてもいやがられても何とか呼び止めコメントを取っていた自分を偉いな〜と自画自賛し、今の状況にちょっとだけジェラシーを感じている。
posted by 2take at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。