2006年03月12日

J2第2節 湘南vs東京V こぼれ話

いよいよホームで開幕を迎えました。
おかげさまで今年も例のピンク色の新聞で湘南を担当させていいただけることになり、大変感謝しております。
そして、サポーターの皆さんやブログを見てくださっている方々にも感謝です。
皆さんの支え(主に情報提供などね・・・)があってこそ、良い記事が書けるものだと信じております。

さて、堅いことはさておき、今日のこぼれ話を。
試合の内容は月曜にピンク新聞に譲るとしまして、試合中、試合後いろいろな方とお話をして気がついた事があります。
皆(だよね?)今年は何か違う雰囲気を感じ取られているんじゃないだろうか。
俺だけ?
違うよね?

今年は特に練習試合なども多く見てきたからでしょうか、チームの方向性とか、選手の考えなどがなんとな〜くですけど昨年より感じることができます。
と、いうのもほとんどは選手と会話をして仕入れた情報が元なのですが、その量が多ければ多いほど試合を観ていてもプレーの意図するところが何となく理解できるんです。
(あくまでも勝手にですけどね)
そして、その勝手に理解したことを試合後や練習場で確かめていくという行為が凄く重要なんだな〜と気がつきました。

例えば、今日の横山選手の活躍。
皆さんは予想外でしたでしょうか?それとも期待通り?
横山選手の活躍は、もちろん彼の努力や実力もさることながら、彼の特性を皆が早い段階から理解していたことだと思います。
もちろんそれは、補強の段階からです。
強化部が、湘南ベルマーレに足りないものとして得点力を上げました。
そして、その解決法として昨年には無い特性を付け加えました。
それが横山選手です。
そして、早い段階から横山選手の特性を理解し彼を活かそうという共通理解が生まれます。
更に言えば、90分間常にDFラインの裏を狙っている選手って、相当相手からは嫌われますね。
まあ、そんなこんながあり、今日の2得点という結果に繋がったと。

裏を取るタイミングとか感性とかは、かつてのイタリア代表のカジラギを思い出させます。
ポストが視界に入ってないんじゃないかと疑うくらい恐怖を克服しゴールへ向かう姿は、鬼気迫るものがあります。
しかし、そんなプレースタイルの横山選手ですが実は凄く朴訥としています。
話をする姿は紳士的でとてもシャイな印象です。
さらに、入団会見の際に自分でも言われましたが「サッカーができなくなるかもしれないと思った」という経験をしてきた人です。
一度でも地獄を見た人は怖いです。
失う怖さを知ったあと人ってどれだけ成長できるんだろうか?
そんな事を感じさせてくれます。

僕はこういう選手大好きです。
入団発表の時から彼の紳士的な態度や、言動は凄く響きました。
ちなみに、もう一人印象的なのが水戸から移籍してきた北島選手。
まだ試合出場のチャンスはありませんが、サッカーで苦労してきて、サッカーの楽しさを良く知っている人なので必ず良いプレーを見せてくれると信じてます。

プレーのスタイルと私生活のイメージがリンクしない選手って意外と多いもんですね。

ホーム開幕を快勝で終えホクホクと原稿を書き終え、ブログに書いてます。
この2連戦で柏、東京Vから奪った勝ち取った勝点4は大きいです。
選手の自信になっています。
5節のお休みになるまでに、さらに勝ち点を加えましょう。

posted by 2take at 07:15| Comment(0) | TrackBack(1) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東京ヴェルディ1969戦
Excerpt: 湘南ベルマーレ 2ー0 東京ヴェルディ1969
Weblog: YOSHIDY'S BAR
Tracked: 2006-03-12 14:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。