2006年03月20日

水戸戦を振り返る

gp2006L03-07.jpg

現地観戦はならなかったが、家で水戸vs湘南のビデオを観た。
見終わったあとの正直な感想として一番に思ったのは、「水戸強いな〜」ってこと。
その後、「まぁでも、ベルマーレも悪くなかったじゃん」って感じ。


ビデオ見る前にウェブとBSで結果を見ちゃったもんで、0−3という結果だけは知っていた。
なので、守備崩壊か?それとも早くも慢心か?と危機感を感じたが、そうでもなかった。

ただ、解説の田中さんも言っていたけど前半は良くなかった。
セカンドボールは拾えないし、開幕戦と同様に相手ボールへのチャレンジ&カバーができていない。
よって、DFラインが引きすぎてDFラインの前にスペースができた。
1点目の失点シーンなんかでも、誰が一番始めにプレスをかけて、誰がそのフォローをするか悩んで、相手の出方を見ている間にドリブルで突っかけられ間を詰められズルズルと引いたところへ、シュート。
で、こぼれたところをFWに詰められ押し込まれる。
高校生の試合でもよく見るパターンだな。
DFを含め3人も囲んで居たのにねぇ。
この点は、田村、城定でチャレンジ&カバーの役割をはっきりとさせてほしい。
普通に考えれば、田村が競って、城定がカバーするのが定石と思うけど。

特に湘南はドリブラーに弱い。
ヴェルディみたいに、丁寧にパスを繋いでくるチームには強いんだけどねぇ。
水戸の、高橋や岡本みたいに個人でチョンチョンとドリブルしてくるタイプは苦手みたいだ。
新加入ということもありデータ不足だったのかもしれないけど、田村は岡本とは何度も対戦しているだろうが・・・久しぶりで忘れていたか?それとも感が鈍ったか?

あと、SBの裏を狙われていたことが散々言われていたみたいだけど、今年の湘南の両サイドは大穴だから。
これは誰がどう見ても事実。
ってか、須田、尾亦を起用している時点で、そんなの判っていること。
須田と尾亦の裏を狙われる事なんて百も承知さ。
じゃあ、なんで彼らを使うのか?というと、弱点を補って余りある武器を持っているから。
「穴」ってのは言い過ぎかもしれんけど、皆が期待している村山と彼らはタイプ違うん。
村山は人に強くまず守備という考えからプレーが始まるけど、尾亦くんはねぇ・・・まず前見てクロスって感じか?聞いたこと無いから何ともいえないけえどさ。
まして、田中監督時代のCB4人がDFラインに並んだ4バックとも違う。
井手口や茂庭がサイドバックてのとは与えられている役割が違う。
どちらかといえば、Jリーグ加入1年目の名良橋、岩本のようなイメージ。
ニカノールの起用した、あの超攻撃的SBとイメージはかぶる。
(でも、あのときはシモンや田坂という守備に強いボランチが居て、日本代表クラスの読みの名人DF名塚が居てこそできたシステムだったんだけどね)

今、湘南のSBとしては、
右=須田、松本、冨山、永里
左=尾亦、池田、村山、城定
となる。
が、村山、城定、松本はどちらかといえばCBで使いたいと監督は考えている(本人の意向も含む)し、現段階ではCBにけが人が多く駒が無いのも事実。
松本、村山の状態が万全ならば、右に松本、左に村山というオプションも考えられる。
まあ、その場合は須田、尾亦のどちらかが残り、松本、村山のどちらかが入ると考えた方がいい。
せっかく攻撃力のある選手が居るのに、その武器を捨ててまで両サイドとも守備的にはしないだろう。

水戸戦でも、実際に後半の須田、尾亦は高い位置へポジションを取りクロスだけでなく、シュートにまで顔を出した。
その結果・・・・まぁ更に2失点したけど良いリズムだったでしょ。
攻撃力はあるのよ。

でも、課題も残った。
まず、先にも記述したルーズボールへの寄せ、チャレンジ&カバーの徹底。
それから、悪癖のセットプレーの弱さ。
特に、2失点目は防げたかなと思う。
オウンゴールだったけど、ニアで合わせバックヘッドした時崎へのプレッシャーが足りない。
昨年もそうだったけど、死んでも離さないくらいの気合いが必要なんだろう。
3失点眼はキッカーの吉本に脱帽だが、FKを与えた場所が悪かった。
まぁ完全に攻めに出た後のカウンターだったからね。
ファウルして止めざるを得ないけどさ・・・最悪ファールして止めるならば位置は?タイミングは?と考えておく必要がある。

なので、悲観はしてないが課題も残った水戸戦だった。
まあ1年ずっと負けないなんて無理だから。
早い段階で負けて良かったんじゃない?
しかも、柏や東京V、神戸ら降格組じゃないところに負けたことで良い意味で気が引き締まったと思う。
開幕からの2戦を負けなかったのは良いことだけど、変な自信も芽生えちゃってたかもしれないから。

って事で、仙台戦は大事だよ。
気合い入れなおして、この仙台戦を乗り切れば次節は休みだし微調整に入れる。

非常に個人的な意見だけど、仙台戦はスタートから坂本を使ってはどうかと思う。
前半から湘南ペースに引き込むには、彼の運動量と善戦からの守備は生きると思う。
で、後半から永里、加藤、中町らの投入でペースを変える。
どうかな?


posted by 2take at 07:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
まずは遅くなりましたが、新ブログの開設おめでとうございます^^;;)自分はサッカー中心で見てきたので、こちらの方がしっくり来ます。また今後ともお忙しいでしょうが、書込み楽しみにさせていただきます。
ところで水戸戦、現地で見させてもらいましたが、厳しい言い方をすれば、3点とも伊藤の(細かい)ミスで正直防げたもの。勿論DF陣もその前過程とかで注意すべき点はあるものの…伊藤がただの“シュートSTOP屋”で終わるか、DFを束ねる守備の中心選手になれるか、その分岐点に立っているとも思えますよ!?
あと、今回の敗戦で随分悲観的な意見が多く聴かれましたけど、水戸の今回のDFは、ただ網を張ってただけで、その網にわざわざ入り込んで自滅していっただけ。水戸は今調子はいいけど、正直シーズン終盤まで昇格争いに関われる力はないので、今回の水戸の戦い方は、きちんと分析していればそんなに恐るるに足りることはないと思う。
むしろ、ウチの中盤のコンビネーションがだいぶ良くなってきたので、それをいかにDF/FWと絡めた連動性をつけていけるか、そこをポイントにチームを強化させていくことを“信じる”しかないですね(^^;;)
Posted by nonky at 2006年03月20日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。