2006年04月10日

プリンスリーグ開幕戦【深川G】

2006年プリンスリーグが開幕した。
今年は、我が湘南ベルマーレユースの参戦もあり昨年までとは違った意味で取材活動にも気合いが入る。
開幕戦は各所で行われており、今回観戦に行った深川Gでは1試合目がグループAのFC東京vs市立船橋、2試合目が湘南ベルマーレvsジェフ千葉となる。

1試合目 FC東京 0-1 市立船橋

フォーメーションとか得点とかは割愛。
なぜって?興味ないから。
いやいや、バタバタしてしまってメモってないから(笑)。
まあ、雑感としては市船のDFは堅いなと。
で、FC東京の6番は上手いなと。
まあどちらが勝ってもおかしくない試合だったと思うけど、試合終了直前にスコーンとカウンターで市船が決めた。
FC東京はボール持てたけどフィニッシュで雑になったり、市船の寄せが速く良い状態でシュートを打てず。
なんだかんだで市船の伝統である守備の強さは健在という感じ。

試合後、石渡監督のところへは某TV局の方々がいらしてました。
この時期から媚びを売りに来るのは・・・・冬の選手権のためでしょうか?

p001.JPG

で、本題。
2試合目 湘南ベルマーレ 1-1 ジェフ千葉

湘南ベルマーレ

       15西野
   10岡       8林

11鎌田         18澤田
    6関口  13阿部

  4日下部 3宮内 22伊藤

        1内山

ジェフ千葉

   11遠藤   10小井土

        8蓮沼
13地頭薗        7加藤
    6市原  16高橋

  4金子  3星野  2岩澤

        1瀧本


試合は前半の終了間際に自分たちのFKにも係わらず、そのこぼれ球を拾われカウンターを喰らい11番をどフリーに。
ゴール前までドリブルを許し、ゴールを決められてしまう。
しかし、この11番本当に落ち着いていた。
GKの動きをよく見てシュートを打つタイミングを計っていた。

後半、選手も入れ替えシステムも微妙に変更して挑むベルマーレ。
監督からの檄もあり、気合いも入った。
前線から執拗にチェイシングして千葉に好きなようにボールを動かさせない様にし、隙を見ては奪いカウンター。
徹底した前線からの守備が相手の焦りを誘発しファールを生む。
後半14〜5分くらいか?
ゴール右サイドで得たFKから15番西野が体ごと押し込んで同点に追いつく。
そりゃもうプリンス初ゴールに歓喜の雄叫びがあがる。
しかし、(誰だか確認できなかったけど)一人がゴールに入ったボールを持ってセンターラインに抱えて持っていた子は冷静だったね。

その後、自力に勝る千葉が怒濤の攻撃を見せる。
ベルマーレもなんとかカウンターの機会を作るがゴールまでは遠い。
終盤は完全にジェフ千葉のペースだったが、相手のゴール前でのミスに救われそのまま試合終了。
初体験となったプリンスリーグ開幕は引き分けとなった。

試合後、チョウさんに話を聞いた。
監督曰く、
「開幕とうことで緊張はあった」「猪狩、高原は居なかったが、チームとしてのやり方は変えたくなかった」
しかし、前半終了間際の失点で気を落としてベンチに戻ってきた選手に
「苦しいときこそまとまっていこう」
と伝え選手交代などを含め修正を加えた。その結果、後半の1点に繋がった。
全体を通しては
「運動量、スピード、攻めのイメージ、やってはいけないプレーの判断など足りないところは沢山ある」
そして、初参加となったプリンスリーグに参戦しては、
「レベルの高い相手と定期的に戦えるのは大きい」
という。
今日の出来に関しては
「50%くらい」
と厳しい評価だが、現段階のチームのできを考えると
「チームを指導して2ヶ月間で教えた事は、相手ボールに厳しく行くこと、最後まで走ることなど基本的な事しか教えていない。時間帯ごとの駆け引きとか、連携の面では何も教えていない状況。だから、まだこれしか出来ないとういうのが現状」
しかし、裏を返せばそれだけしかない武器でクラブのユースとして実績がトップクラスの千葉相手にここまで善戦したことは評価に値する。
現状のチームは、まだ骨と皮しかないだけの状態。
今日、不在の猪狩、高原らが加わること、そして、これから連携、システム、戦術プランなど肉や頭脳が加われば強くなることは間違いないわけである。

監督との会話を終えて感じたこと。
それは、ある本で読んだこと。
既存の考え方だけでは、常識を打ち破る勢いのあるパワーは生み出せない。
あくまでも今あるお手本のレベルにしかならない。
では、その壁を乗り越えて飛躍的に成長するためには何が必要なのか?
それは・・・・基本。
どんなにその世界でトップクラスの知識や技術があっても、泥水を飲むよに基本的なことを忘れずに繰り返すこと。
なんだそうだ。
ちょっと上手く説明できないけど、似ているなと。
まあ、あまり書くとオヤジくさくなるから止めておく。


最後に、猪狩、高原のトップ胎動に関して監督の見解は
「もちろん初参戦となるプリンスリーグだし、チームには必要な戦力だった。でも、トップで90分間使うということだから、彼らの自身の成長のためにはそのほうが良いと思いトップに行かせた」
ということだ。
目先の実よりも、将来の種を大事にしたいということか。
猪狩、高原の経験がこのチームに戻ったときにどういう形で生かされるのか楽しみである。

p003.JPG   p002.JPG
 DFの中心、宮内         才能溢れる鎌田
p005.JPG   p006.JPG
   ゴールを狙う岡             クレーバー日下部


おまけ。

試合後、FWの岡くんと少しだけ話ができた。
初となるプリンスリーグに関しては特別な意識はないようだったが、
「開幕戦という緊張感はあったけど、初戦は勝って弾みを付けて次戦に挑みたかった」
目標は
「自分でどんどんシュートを打っていくこと。プリンスリーグを勝ち抜いて高円宮に出て優勝すること」
と自身をもって答えてくれた。
小さな体から漲るパワーとスピード。そして見た目とは違って(失礼)、冷静に質問に対する答えを導き出す落ち着いた雰囲気にちょっと驚いた。
posted by 2take at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校&ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16377045

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。