2006年04月25日

2連勝(草津、愛媛)を振り返る

振り返る、つたって愛媛は行っていないから何とも言えんが・・・・


まず、草津戦における中町の右SB起用について。
これは、冨山が久しぶりの先発で途中足がつったことが原因です。
試合中、田村が監督に「トミが足をつりました」と報告し、仕方なくの采配。
あの日のサブメンバーでSBを経験しているのは中町のみ。
スタメンで出場中の松本も右は可だが、監督は中町のポジションを1つ下げた訳。
まあ、外池をCBに入れ、松本を右SBへスライドという手もあったとは思うが外池投入をしてしまうと、変に守る意識を与えてしまうということから、あえて攻撃も守備も積極的な坂本を入れたのだと推測する。

つまり、ただでさえ浮き足だった状態のピッチに、DFの外池を投入し下手にバランスを崩すことを恐れた訳。
まあ、あの時点で逃げ切りの意識を選手に与えて、そのメッセージにきちんと応えるだけの力はまだないからね。

で、2連勝。
愛媛で勝利したものけっして内容は良いものではないそうだ。
とはいえ、アジエルの勝負強さには恐れ入る。
いつの間にかヘッドで3得点。
足でなく、全て頭での記録というのが意外だ。

この試合、アジエルトップ下でニヴァウドの1ボランチというダイヤモンド型に近いシステムだったそうな。
いつぞやの、ニヴァウドを真ん中にして3ボランチを組んだときと同じだ。
右の望さん、左の悠介を配して引いた位置からのカウンターは結構今のチーム事情に合っているように感じる。
特に二ヴァウドの負担は増えるかもしれないが、チームのバランスとして、攻撃の際の攻撃力アップとしては最良のシステムに感じる。

その際できれば、アジエルと横山は衛生のようにクルクルとファビオの周りを動いて欲しい。
梅田も復帰し、かなり前線は良い感じだ。
あとは・・・・後ろだけなんだが。
次節、好調横浜 FC との対戦だが、GK 小林のビックセーブに懸けてみるかな?
posted by 2take at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17013183

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。