2006年05月03日

終わりなき旅・・・

ちょっと今日は趣を変えて。


凄く昔のように思えるんだけど、今から約3年前の冬。
僕は桐光グラウンドに居た。

目の前には高校生活最後の大会。
高校選手権への出場へ向け戦う彼らが居た。
この試合は是が非でも勝たなければならない。
だが・・・・地に足が着かない。
ビハインドは2点。
焦る。
いつもみたいに体が動かない。
それでも、必死にボールに食らいつく。
相手からボールを奪うと、ドリブルで相手ゴールへ迫りシュートを放つ。
しかし・・・・・無情にも試合終了の笛が鳴り響く。

倒れ込むイレブン。
スタンドへ向け「ゴメン」「本当にゴメン」と叫ぶ。
人生の終わりにも似た絶望感に包まれ、声にならない嗚咽を漏らし泣き崩れた彼ら。

あのとき僕は何も声をかけてやれなかった。
いや、人生の先輩として気の利いた一言もかけてやりたかったのだけど、何かを口から出そうとする瞬間に僕自身も嗚咽と涙がこぼれてしまいそうだった。
そう、恥ずかしながら僕も必死に涙をこらえていたんだ。

あれから3年。
その彼らはそれぞれの道を選び歩みを始めた。

正確なロングキックとピッチを鳥瞰する視野を持つタク。
今や関東大学界屈指の名ボランチへと成長した。
何をするか判らないけど、天性のパスセンスと勝負強さが武器のケンジ。
2部落ちという屈辱を乗り越え、今、関西の大学リーグで新しい旋風を巻き起こしている。


今なら言えると思う。
「サッカーに終わりはない」「好きなら最後までやり通せ」と。
そして同時にこの歌を送るだろう。

「終わりなき旅」を・・・・





今なら彼らも振り返ることができるだろう。
あの日のことを。
posted by 2take at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17324900

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。