2006年05月08日

第1クールを振り返る(攻撃編)

すでに第2クールの仙台戦が終了しているけど、一応攻撃編もまとめておく。

今季第1クールまでの成績は、5勝3分4敗の勝点18、得点15、失点17。
昨年第1クールまでの成績は、4勝6分2敗の勝点18、得点13、失点11。
今年は昨年よりも1試合多く、単純に数字を比較できないが大まかな目安になればと思う。

さて、今年の第1クール終了時点での得点(アシスト)の数値は以下のようになる。

ファビオ 11試合 3得点 1アシスト
横山聡  10試合 3得点
アジエル 12試合 3得点
加藤望  12試合 2得点 2アシスト(2PK)
佐藤悠介 12試合 1得点 3アシスト
ニヴァウド12試合 1得点
外池大亮 6試合  1得点
尾亦弘友希12試合     2アシスト 
坂本紘司 11試合     1アシスト
須田興輔 8試合     1アシスト
オウンゴール   1 

昨年の第1クールでの得点源は、加藤と(5得点)、柿本(4得点)のみで、2点以上を記録している選手が居ない。
絶対的な存在と言えばそれまでだが、攻撃に偏りがあった。

逆に、今年はというと3得点で、横山、アジエル、ファビオが並んでおり(アジエルを半FWとすれば)、2得点で加藤(2PKだけどね)が続き、前線の選手が結果を残しているのが良くわかる。

2トップのコンビとしては、
ファビオ 横山   7回 10得点
アジエル 横山   3回 3得点
ファビオ アジエル 2回 2得点

と、ファビオ、横山がコンビを組む回数、得点数共にダントツである。
細かく分類すると2トップ、1トップ+1シャドウという場合もあるが、概ね成功しているのはポストをファビオ、シャドウストライカーに横山というパターンが活かされているという点。
また面白いのは、横山やファビオを怪我や累積で欠く間に見せた、アジエルを主軸にした+横山orファビオのコンビである。
こちらの組み合わせでも3得点と結果を出しており、FWで使っても良し、MFの左でも、トップ下でも良しというアジエルのユーティリティ性が、チームの苦しい台所事情を助けているのが良くわかる。


また特徴的なのは、佐藤、加藤、尾亦のアシスト記録。
佐藤、加藤のCKやFKからの得点。
これは、昨年の湘南には無い特性。
特に昨年までは「セットプレーに弱い湘南」のイメージはあっても、今年のような「セットプレーに強い湘南」というのは少し意外な一面である。
(奇しくも先日の仙台戦で、仙台のジョエルサンタナ監督がそう漏らしている)


須田、尾亦ら両SBのアシストに関しては、サイド攻撃からの得点パターンの道筋が少しずつ見えてきている証拠。
これは、上田監督が目指してきた分厚いサイド攻撃が遂行されていて、サイドの突破からクロスが得点に繋がっている証拠。
まあ須田のアシストは開幕のみで、現在は怪我で鮮烈を離れているが・・・・


以上の事を考えると、ここまで攻撃に関しては合格点を与えても良いのではないかと思う。
特に、FWの軸として考えていた梅田や、若手の石原、森谷らが開幕から怪我で使えない状況だったことを考えると尚更だ。

第2クール以降に望むのは、今以上のFWの得点は勿論だが怪我人の復帰、中盤の選手の得点増を望む。
特に、佐藤、加藤に加え、中盤で交代出場の多い中町、永里らの奮起が望まれる。
横山、ファビオ、アジエルら前線の選手が押さえ込まれたとき、中盤の選手が前線を飛び越えてゴールを狙いに行くプレー。
または、ミドルレンジからのシュートなど2の手3の手を考え実践していかないと、今以上の順位は望めない。

さらにもう1つ。
期待したいのは、スーパーサブと呼ばれる選手の出現。
スーパーサブとしては2パターンある。
1つは、「○○選手を投入するとチーム全体が攻撃的になる」というような選手。
これは、元グランパスの森山のように交代で出てきて結果を出せるFW。
これは、今なら怪我の状況を見て時間限定で使う梅田。
もしくは森谷あたりに期待したい。

もう1つは、数年前でいうところの加藤大志。
いわゆるスピードスターだ。
後半、相手の運動量が落ちたときにスピードでかき回すことのできる存在。
これは、現チームなら石原、永里、鶴見に期待したい。

まだ第1クールが終わったばかりで先は長い。
そのためにはスタメン選手を脅かす若手の奮起が必要。
出てこいニューフェイス。
出てこいラッキーボーイ。





posted by 2take at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。