2006年06月05日

関西大学サッカー選手権 こぼれ話

下に3位決定戦のレポートがありますので、そちらもよろしく。

さて、3位決定戦後には当然決勝戦が行われました。
立命館と関西大学の対戦です。

決勝に出場する立命館には、桐光OBの白井修平と、桐蔭OBの武宮雅純が揃って出場しました。
どちらも高校の時から馴染みの顔です。

白井君とは桐光時代を含め、国体のほうでも随分と長くプレーを見てきましたが、大学に入ってからもそのパワーとキック力には驚かされました。
まあ、馬場賢治と同じくロン毛になぅているのに少々驚きましたが・・・・
これ、みんな厳しかった高校時代の反動なんでしょうかねぇ?

嬉しいことに、白井君は試合前に僕の事に気がついてくれました。
まあ、なんというかこういうことがあると取材者冥利に尽きますね。
試合前だったので、二言三言言葉を交わして分かれましたが、試合後には馬場賢治も交えてちょっと長めに話をすることができました。

2点リードを守りきれなかった悔しさはあったようですが、それでも関西で準優勝。
総理大臣杯にも出場が決まって、これで全国との腕試しができます。
当然、関東に居る桐光OB達との対戦も楽しみでしょう。
そして、こちらもそうした対戦が見れるかと思うだけで楽しいです。

試合後には、長居の駅で偶然にも白井君と武宮君のお母さんに会いました。
親御さん達もこうして大阪まで応援に来ているんですね。
サッカーだけに限らず、スポーツをしている選手達というのは、こうして陰で親御さんの支えがあって成り立っているんだと気がつかされました。

本人達は気がついているのかどうかは微妙ですが・・・・・

まあ、こうして今年初の大阪取材は終了。
いろいろと楽しい出会いもあり、そして関西の有力な選手も見ることができて実りのある1日でした。

DSC_0002.JPG DSC_0057.JPG 
立命館DF白井修平   左SBを務める武宮雅純
DSC_0039.JPG DSC_0014.JPG
プロ注目も関西大10番安藤淳 サイド攻撃支える8番木本敬介
posted by 2take at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学&U-23 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18850260

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。