2006年06月23日

ベルマーレ公式モバイル

えっと宣伝&ぼやきです。


先日、オープンしたベルマーレの公式モバイルサイト内の「番記者リレーコラム」にて原稿を書かせて頂きました。

cps_open.gif

題名は「信じて共に歩くということ・・・」です。
冬山登山のパーティーに絡めて書いてみました。

実は、昔から登山のパーティーか、自転車のロードレーサーのチームの連帯感を、サッカーに例えられないかと思っていたんです。
同じようなボールを扱うチーム単位でのスポーツは沢山あるけど、同じ球技ではなく、ちがう分野のスポーツでサッカーを表せないかと常々考えてました。
で、今回は登山のパーティーを使わせて頂きました。
丁度、先日までそれらしい本を読んでいたのもありますが(笑)。

サッカーでは「死」がすぐ側にはないけど、登山では死は凄く近い存在で、自転車のロードレースでも死とまではいかないけど、選手生命を奪いかねない大怪我は常に意識しなければならない。
だからこそ、彼らはチームの連帯感を大事にし、チームメイトを信じて命を預ける。


現時点ではあまり書きませんが、その昔、佐藤悠介のインタビューをしたときに「練習中でも殴り合いはざらだった」という事を聞きました。
それと同じことをつい先日他の選手からも聞きました。
J1を経験している選手だからこそ感じる、J2の生ぬるさ。
緊張感の欠如。甘え。自己管理のなさ・・・・などなど。

言われて気が付くものではないけれども、口酸っぱく言われてでも気付いてほしいものである。
「こだわり」
ある選手は勝ちへの執念をそう例えた。

こだわりとは?
勝利への執着心。
ボールへの執着心。
ゴールへの執着心。

人には譲れないなにか。
そうしたものを持っていること。
それがプロだと。

とにかく今は1勝へのこだわりを見せて欲しいと願い、コラムを書きました。
よろしければモバイルサイトで読んでください。

あっ有料なのですけどね。
ベルマーレの為にもご加入よろしく。

ではでは。
posted by 2take at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19693385

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。