2006年09月04日

久しぶりに日記です

土曜日は久しぶりに仕事抜きで(ここ大事)、柏-湘南戦を観戦してきました。

いやぁ、仕事関係しないと気が楽です。
でも、そういうときに限って負けるんだよね。

4-0という敗戦はちょっとショックでした。
後半42分までは1-0という状況で、どちらに転んでもおかしくないと期待していたんだけど・・・
みすみす相手に2点目をくれてやりましたね。
でもって、オマケにはカウンターでロスタイムに2点追加。
久しぶりに大敗。

この試合を観た人からは「ロスタイムの2点はしょうがないよ」という声を良く聞いた。
しょうがないよね。たしかに。
点を取りに行ってのカウンターだし・・・


って、本当にそうなのかな?
1試合の中で同じ失敗を2回繰り返しての2失点なんですけどね?
しかも、これまでも同じ事何度繰り返してるのかな?
ロスタイムに2回同じ失敗ってプロとしては恥ずかしい事じゃないのか?

そもそも、カウンターを喰らうということはどこかに問題があるわけ。
攻めに出た。
全員攻撃に出た。
DFの人数が足りない。
確かにそう。
だけど、こっちがボール持って攻めてるときシュートで終わるなりして相手のGKにするとかという工夫が無いわけでしょ。
サイドでボール持って、センタリング上げる前にプレスかけられてボール奪われカウンターなんてのはもってのほか。
なんていうかなぁ・・・瀬戸際での選手個々の意識が低いんではないかと。

なんてことを思いつつ柏を後にしました。

ちなみに、この日は初めて柏駅から歩いてスタジアム入り。
意外と距離があったけど、雰囲気は感じた。

それから、アウェイでは久しぶりに顔を追わせる記者も多く貴重な意見が聞けるので刺激になる。

ちなみに、なるほどなぁと膝を打った意見は以下の3つ。

悠介のボランチはもったいないし怖くない。
そもそも「これが湘南」ってスタイルが見えない。何がしたいのか?
石原のスピードと身体能力に驚いた。年末にはJ1のチームが放っておかないでしょ?
というもの。
耳が痛い。

これまで、かなりな試合数を観てきて菅野監督の目指すスタイルは理解していたつもり。
でも、外の人から観ればちぐはぐな印象となる。
その差はなにか?
そこの現状打開のヒントがあると思う。

まあ、上田さんから監督を引き受けた時点で菅野さんの希望する選手が全て揃っていた訳でもないし、短い期間で手持ちの駒でここまでチーム状況を改革した手腕は素晴らしいと思う。
でも、それはあくまでも身内(僕ら)の評価。
スタンダードな評価ではなかった訳だ。

とはいえ残りのシーズンは短い。
どう立て直し、どこに目標を置くのか。
そのあたりを明確にしないと、選手もチームもサポーターもどう評価して良いのか、何を喜んで良いのか曖昧になりそうだ。


是非、次節の鳥栖には勝利して、監督会見で明確な目標を語って欲しいと思っている。

posted by 2take at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23222921

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。