2006年10月20日

近畿大学が2勝目

関西大学リーグも第3節が終了。

前回敗戦した近畿大が3節目では気合いの勝利。
後輩もどうにか納得の様子。


■10月14日(土)
山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場

近畿大学 1-0 関西学院大学

得点(アシスト)
49分 山口 惇也(馬場 賢治


以下、後輩のコメント。

−Voice 近畿大学・馬場賢治(MF)
大院との試合では、どこかに「いけるやろ」という感じもあった。
春に4-0で勝ったので、甘さがあってああいう結果になってしまった。
こないだできなかったことを中心に練習してきて、勝つという気持ちを今日は大事にした。関学は守備が強いが、3バックなのでサイドを起点にして中盤で回せていけるように狙っていた。
PKを止められてしまったが、すぐに前半が終わって決められんかったことで盛り上げていこうとなった。
気合も入っていたし、最後まで集中する力もあって、精神的に強くなったと思う。
いいサッカーではなかったかもしれないが、前のゲームから立ち直れたし、もっと集中してやれれば上までいける自信はある。
力はついてきたから、それを出せる準備をしていくことが大切と感じている。


以下、情報提供して頂いたHPです。

http://voice-fromkansai.seesaa.net/article/25492827.html


試合内容は見てないのでなんとも言えないけど、自身もアシストも決めてまずまずの感じでしょうか。
前節ではHTで交代させられ、しかも敗戦。
完全に納得いってなかったみたいだけど、その悔しさが良い方向に出た感じでしょう。
まぁ昔から超が付くほどのスロースターターで前半は調子よくなかったのかもしれないけど・・・

実の兄にも「試合する前にどっか別でところ45分くらい試合してきた方が良いんじゃないかな?」とか言われちゃう程。

でもまあ、今年は大事な年。
そんな悠長な事もいってられない。
第3節は勝って連敗は避けた。
アシストも決めた。
あとは残り全部勝つくらいの気持ちで。
これで、ようやくエンジン全開でってことかな。

一応、15日が俺の誕生日だったんで。
お祝いアシストってことで勝手に頂いておきます。
posted by 2take at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学&U-23 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。