2006年10月23日

神奈川県 選手権予選3次リーグ 茅ヶ崎北陵-慶應

■神奈川県選手権予選-3次予選-

第三試合
◆茅ヶ崎北陵 4-1 慶應
(グループA)

得点(アシスト):
慶應:9分 長谷風吾(藤村龍生)
北陵:41分 船越俊男(塩田純希)
北陵:49分 小倉岳之
北陵:53分 船越俊男(塩田純希)
北陵:56分 石山達也


■茅ヶ崎北陵
GK
1 冨田元紀

DF
3 大上明徳
2 新井勇輝
15 細野竜佑
23 青木優介

MF
6 石渡哲也
8 山下徹也
→ 76分 4 落合周平
7 塩田純希
9 石上達也

FW
10 船越俊男
→ 79分 11 吉原徹朗
14 平綿裕一
→ 40分 16 小倉岳之

■慶應
GK
1 前嶋尭斗志

DF
4 坪井祐太朗
14 緒方大介
→ 26分 3 林浩太郎
→ 57分 13 前囿瞬也
5 久保田将機
6 山口拓哉

MF
8 金房拓海
24 新森収
→ 51分 16 菅原晃介
11 藤村竜生
10 波握辰弥
→ 79分 22 赤松潤

FW
9 山田修之助
17 長谷風吾


■茅ヶ崎北陵5-3-2【登録上は4-4-2】

    10    14

       9
    8     7

6             23
    3     15
       2

       1

■慶應4-4-2

     17    9

11            24
     10    8

4    5    14   6

       1

■寸評
1戦目からシステムを変更してきた北陵が、開始9分にいきなり失点。
登録上は4-4-2だが、6番の石渡、23番の青木が両サイドの深い位置までケアするため5バックのように見える。
システム変更の上始早々の失点で早くも崩れるかと思われたが、何とか耐え凌ぎ後半に繋げた。
縦へ攻め急ぐことを止め、とにかくワイドに開いて攻撃を徹底させた藤塚監督の采配がズバリ当たり後半怒濤の4得点を挙げ逆転勝利を掴んだ。
しかし、惜しむらくはあと1点を加えておけば、次節の桐光戦を引き分けてもベスト4進出となったこと。
しかし、この試合で掴んだ勢いは侮れない。


ogura1023.JPG  arai1023.JPG
  逆転弾を決めた16番小倉    粘り強いDFみせた2番C新井
posted by 2take at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校&ユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。