2006年11月17日

関西大学秋期リーグ 第7節

前節、立命に負けた近畿大はもう後がないところで踏ん張った。
しかし、首位の関西大も勝利しており優勝は厳しい。
それでも確実に2位をキープ。
インカレ出場権獲得の可能性これでかなり高くなった。


■11月11日(土)
 鶴見緑地球技場
 (第2試合)14:00 kick off
近畿大学 3-2 大阪体育大学

■得点(アシスト)
近畿大:
37分 片山 真人(馬場 賢治
43分 江口 正輝(片山 真人)
51分 宇野 剛(馬場 賢治

大体大:
49分 西谷 良介(麦田 和志)
75分 込山 和樹(御厨 貴文)


後輩は2アシストを決め現在6アシスト。
これで秋期のアシストラインキングは1位につけている。
2位の櫻田真平(関西大)が4アシストなので、残り2試合なんとか1位をキープしておきたい。
ってか、残り2試合であと3アシスト決めて9試合で9アシストは目指して欲しい。

ちなみに、
http://voice-fromkansai.seesaa.net/article/27467221.html
でコメントしているんで、読みたい方はどうぞ。

相変わらずの風貌はしゃあないけど・・・言っている事は正しいと思う。
精神的な強さとクレバーなんは流石。
まずは残り2勝とインカレ出場。
いい年末になりますよう。


posted by 2take at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学&U-23 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。