2006年11月27日

関西大学リーグ 第9節

いよいよ関西大学リーグも最終節を迎えた。
既に前節でインカレ出場を決めている近畿大だが、今日の試合で最低引き分け以上で3位、負ければ4位となる。
1つの目標であるインカレ出場を決めてしまった後だけに、モチベーションを保つのが難しい試合だが更なる高みを目指して欲しいところだったが・・・

結果は惨敗。

2試合連続での大量失点。
インカレに向け不安を残すこととなる。



■11月26日(日)
鶴見緑地球技場
(第2試合)13:45 kick off

近畿大学 0-4 関西大学

■得点(アシスト)
関西大:
23分 安藤 淳(櫻田 真平)
30分 板倉 史門(宇佐美 宏和)
68分 櫻田 真平
87分 櫻田 真平(北橋 悠佑)


前半のうちに2失点して、最後は87分に4失点目。
最後まで集中力が保てなかったのか?という感じ。
仕方がないのか?
春期リーグの覇者である近畿大。
これからは王者らしい強さも兼ね備えねばならない。
関西大、立命大ら伝統の強さを身につけるまで。
長い道のりだが、それが伝統であり常勝軍団たる所以。

立ち止まるな。
満足するな。
苦しくても、もう一歩を踏み出せ。

posted by 2take at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学&U-23 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28356358

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。